2016年02月02日

自作詰将棋短編集(9手以下)

過去にスマホ詰パラに掲載された作品の中から手数の短いものを厳選してご紹介します。

No.3057

自作の中でも最も好評を頂いた品です。

No.3432

簡素なかたちでまとまっているので気に入っています。

No.3773

スマホ詰パラ賞「難解作品(1桁手数)2014上半期」を頂いた品。

No.3908

2枚龍と2枚角の対比構造、簡素な配置が気に入っています。

No.3988

反響が結構多かった品です。角をどう使うのが正解でしょうか。

*図面は「shogipic.jp」を用いて作成させて頂きました。


正解は下記↓
































No.3057

▲7六飛△8七玉▲8六飛 まで3手詰

玉を9六の地点に逃がさないために連続両王手で詰めます。

No.3432


▲2四桂△2二玉▲2一飛成△1三玉▲1二桂成 まで5手詰

初手で打った桂馬で詰ませることと、詰め上がりがすっきりしているところがポイントです。

No.3773

▲1三飛成△3二玉▲4三金△同銀▲2二金(!)△4一玉▲1一龍△5二玉▲5一龍 まで9手詰

5手目の2二金が相当に打ちづらい手だったようです。


No.3908

▲1三銀生△1四玉▲1六龍上△2三玉▲3三桂成△同玉▲2二龍△3四玉▲2五龍上 まで9手詰

No.3988


▲4八角△4二玉▲1五角 まで3手詰

1五角が気持ち良い手で両王手で受けなしです。

▲4八角△4二玉▲6六角というトリッキーな筋もありますが、
△4四桂など中合で逃れます。

●過去の作品はPC画面ですと左下のカテゴリ【自作詰将棋】から見られます。
category.png


---------------------------
以下、広告欄



詰将棋道場―手軽に楽しむ200題 (MYCOM将棋文庫SP) [文庫] / 勝浦 修 (著);...

最強の3手詰 読みと地力のトレーニング (将棋連盟文庫) -
最強の3手詰 読みと地力のトレーニング (将棋連盟文庫) -

詰将棋パラダイス -
詰将棋パラダイス -
posted by Justice at 12:00| Comment(0) | 自作詰将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: