2014年03月24日

第3回将棋電王戦 第二局「やねうら王vs佐藤紳哉六段」

[追記]「やねうら王」開発者のやねうらおさんがご本人のブログにて当記事をリンクしてくださいました。ありがとうございます。どうりでアクセス数が以上に多いわけですね。


2014年3月22日(土)に第3回将棋電王戦の第二局が行われました。
先手はコンピュータソフトの「やねうら王」、後手がプロ棋士の佐藤紳哉六段です。

写真は対局開始時の様子。電王手くんのおじぎのシーンです。
deo2-1.jpg
注目されたやねうら王の初手はなんと1六歩!
「月下の棋士」を彷彿とさせる初手端歩突きで因縁の戦いの火蓋が切られました。

初手こそ驚きの手でしたがその後は穏やかな駒組が進み、
オーソドックスな四間飛車vs居飛車穴熊という対抗形となりました。

25手目の▲3六歩(図イ)が珍しい手で、通常は4六の歩を上げる手が多いですね。
この手は2八玉と上がった時に玉のコビン*1が空いているため、少し恐いところがあります。

(図イ)

37手目の局面(図ロ)は四間飛車対居飛車穴熊でよくありそうな局面ですね。
後手は3二金型にして松尾流穴熊*2を目指す順もあったところです。

(図ロ)

ここで後手の佐藤紳哉六段が仕掛けました。
△8六歩、▲同角に△7五歩。さらに▲同角には△8七飛成があります。
また単に▲同歩ならば△4五歩と角筋を通して戦おうということでしょうか。

そこでやねうら王の反撃で▲2五桂。ここで△2四角だと桂馬を取りに行けないため、
強く△5一角と引きました。これは次に△2四歩として桂馬を取りきる狙いです。

その後△2四歩が実現し、▲1三桂成、△同銀で後手が桂得となりました。
49手目の▲1四歩の局面(図ハ)は後手が桂得ですが、1四歩の圧力と8六の角の睨みも大きく、
ほぼ互角の形勢といったところでしょう。

(図ハ)

後手△2五歩が端攻めを視野に入れた一手ですが、
やねうら王の▲6四歩が悩ましい一手です。

△同歩か△同銀か、どちらで取るかでかなりその後の進行が変わってきます。

△同銀ならば、▲6五銀(参考イ図)とぶつけて銀交換を迫ります。
(参考イ図)

△同銀、▲同飛(参考ロ図)の局面は振り飛車がかなり軽い形で、角が3一金に直射していたり、
▲2五飛の味もあるので、振り飛車に楽しみが多そうな局面に見えます。

(参考ロ図)

▲6五銀に△5三銀と引くのは、▲6四歩と合わせる手があり、
△同歩、▲同銀、△同銀、▲同角といった順が考えられます。

また▲6五銀に△4五歩といった反撃方法もありそうです。

本譜で佐藤六段は△同歩を選択、先手の継続手として▲6五歩の継ぎ歩から▲6四歩(図二)と歩を垂らして攻めました。

(図二)

先手の狙いは▲6三歩成として「と金」を作ることです。

ニコニコ生放送の解説では、▲6五歩の継ぎ歩に△同歩ではなく他の反撃手段が検討されていました。
deo2-1.jpg

▲6四歩の垂らしにも色々な反撃が予想されていましたが、佐藤六段が選んだのは△8三飛。
この手の評判は思わしくなく、少し形勢を損ねてしまったかもしれません。

57手目▲7三歩成が△同飛を強要することで6三歩成の当たりを強くする手筋です。
そして59手目の▲6五飛の局面(図ホ)はやはり振り飛車が軽くて指しやすそうな気がします。

(図ホ)

その後佐藤六段も端から攻めますが、67手目▲3七玉といなされてしまいます。

そして本局のハイライトとなったのが68手目△6四歩の勝負手でした。
▲同角に△6三香が角と飛車の田楽刺し(図ヘ)。

(図ヘ)

ここでやねうら王は▲3一角成とする予定だったようですが、
読んでいくうちに△同銀、▲2五飛の時にうまい攻めがないことに気づきます。
そこで予定変更の▲2五飛に△6四香で角がほぼタダ取りの状況になりました。
この場面でやねうら王に大きく傾いていたツツカナの評価値も一気に縮まりました。

いよいよ逆転の期待も持たれましたが、その後はやねうら王の冷静な指し回しで差が広がっていき、
91手目▲1三歩成が寄せの決め手となり、以下数手で後手玉は必至となりました。


(終局図)

ということで、95手にて先手のやねうら王の勝ちとなりました。

これで人間vsコンピュータは0-2となり、あと一局負けると負け越しが確定してしまいます。
ぜひ人間の3連勝が見てみたいですね。

さて、次回第三局「豊島将之七段vsYSS」は3月29日(土)に行われます。



[脚注]
*1 玉の斜め上の地点をよくコビンと表現します。
*2 参考図のような後手の囲いを松尾流穴熊と言います。
居飛車側としては理想形で、ここまで組めれば居飛車側が8〜9割勝てると言われています。
(参考図)

第3回将棋電王戦 第一局「菅井竜也五段vs習甦」
┣第3回将棋電王戦 第二局「やねうら王vs佐藤紳哉六段」

*局面図は「shogipic.jp」を用いて作成させて頂きました。

月下の棋士(1) (ビッグコミックス) / 小学館



参考棋譜「将棋でーたべーす」より

開始日時:2014/03/22 10:00
消費時間:▲3時間27分△5時間00分
棋戦:第3回電王戦第2局

場所:東京都墨田区「両国国技館」

持ち時間:各5時間(チェスクロック方式)

手合割:平手

後手:佐藤紳哉

先手:やねうら王
手数----指手---------消費時間--
1 1六歩(17)
2 3四歩(33)
3 7六歩(77)
4 8四歩(83)
5 1五歩(16)
6 8五歩(84)
7 7七角(88)
8 4二王(51)
9 6八銀(79)
10 5二金(61)
11 6六歩(67)
12 6二銀(71)
13 6七銀(68)
14 3二王(42)
15 6八飛(28)
16 5四歩(53)
17 4八王(59)
18 3三角(22)
19 3八銀(39)
20 2二王(32)
21 3九王(48)
22 1二香(11)
23 5八金(69)
24 1一王(22)
25 3六歩(37)
26 2二銀(31)
27 2八王(39)
28 7四歩(73)
29 5六銀(67)
30 4四歩(43)
31 3七桂(29)
32 4三金(52)
33 4六歩(47)
34 5三銀(62)
35 6五歩(66)
36 3一金(41)
37 4七金(58)
38 8六歩(85)
39 同 角(77)
40 7五歩(74)
41 2五桂(37)
42 5一角(33)
43 7五歩(76)
44 2四歩(23)
45 1三桂成(25)
46 同 銀(22)
47 7四歩(75)
48 2二銀(13)
49 1四歩(15)
50 2五歩(24)
51 6四歩(65)
52 同 歩(63)
53 6五歩打
54 同 歩(64)
55 6四歩打
56 8三飛(82)
57 7三歩成(74)
58 同 飛(83)
59 6五飛(68)
60 7八飛成(73)
61 6三歩成(64)
62 1八歩打
63 5三と(63)
64 1九歩成(18)
65 4三と(53)
66 1六桂打
67 3七王(28)
68 6四歩打
69 同 角(86)
70 6三香打
71 2五飛(65)
72 6四香(63)
73 4八金(47)
74 6七香成(64)
75 3二金打
76 2四歩打
77 6五飛(25)
78 7三角(51)
79 6四歩打
80 4五歩(44)
81 同 飛(65)
82 8四角(73)
83 7五歩打
84 同 角(84)
85 同 飛(45)
86 同 竜(78)
87 3一金(32)
88 同 銀(22)
89 4四角打
90 2二金打
91 1三歩成(14)
92 同 香(12)
93 2三金打
94 1二歩打
95 3二銀打
96 投了
まで95手で先手の勝ち

月下の棋士 全32巻完結(ビッグコミックス) [マーケットプレイス コミックセット] [−]


posted by Justice at 02:00| Comment(0) | 第3回将棋電王戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする